画像ファイル形式 JPEG, PNG, SVG, PDFについて

まずこういった略称が解りにくいのですが、この記事を読むと全部理解できるようになるでしょう。

まずはじめに、ラスター画像とベクター画像について理解しておく必要があります。このことについては、以前このページで説明してあります。

Photo flashxml.net

ラスター画像

JPGとPNG形式のラスター画像は最もよく見かけるものです。

JPEG

これは最も一般的でよくある形式です。
手短にいえば、この形式を使うと最小限の容量で画質の良い画像を保存できます。これはインターネット上では重要です。

この形式の特徴は、圧縮しても画質の低下をコントロールできることです。やり方は簡単です:画質をどの程度落とすかを選択すれば、圧縮後のファイルサイズを決めることができます。画質を落とせば落とすだけ、サイズは小さくなります。こうした特徴のおかげで、パソコンのディスク容量を大幅に節約することが可能になります。

JPGは写真(色、濃淡、明度の微妙な差異を含む画像)の保存や、インターネット上でのラスター画像のシェアに最も適した形式です。

PNG

PNG画像は、画質を低下させずに圧縮することができます。PNGはシャープな画像や文字画像、ロゴ、デザイン、アイコン等の画像を保存するために使われます。

ベクター形式

PDF

PDFはファイルを印刷したことのある人なら誰でも知っている形式です。印刷物(フライヤー、パンフレット、カタログ)のレイアウトはPDF形式で印刷できるようになっています。PDFはベクター画像と、文字、アイコン、動画といったラスター画像の両方を含む場合もあります。

PDFの特徴は、用途が広くポピュラーなことです。多くのソフトでPDFを読み込むことができ、Adobe Readerといった特別なソフトだけでなく、Microsoft WordでもPDFドキュメントを開くことができます。

SVG

SVGは文字通り「scalable(サイズ変更可能な) vector graphics(ベクター画像)」という意味です。この形式は2次元のベクター画像を作成・保存するために使われます。これはベクター画像なので、画質の低下なしにイメージの全体または一部分を拡大することが可能です。SVG画像の中の文字は、どんなテキストエディタでも編集することができます。

これらの形式に関するより詳しい情報は、今後私たちのブログ記事で紹介していきます。

カテゴリー: File Format