How To

ロゴに使う色の選び方

Logo colors
ビジネス名の選択を別にすると、ロゴ作成で最も重要なのはロゴの色です。色に関しては、色の良し悪し以外にも考えるべきことが沢山あります。例えば、色は秘かに人の潜在意識に影響を与えます。顧客は見る色に応じて、自分では意識せずに行動を変えることがあります。

そうはいっても、どんなロゴに関しても、ベストな色とはビジネスの意味を伝えることのできる色です。ロゴの色についての評価がビジネスの成功と失敗を左右します。ですから、色を選ぶ時には細心の注意が必要です。これから、あなたのロゴに使う色の選び方の秘訣をお伝えします。

ロゴの色選びのための秘訣

1.会社が伝える必要のある一般的なイメージを決定します。このイメージはすべてのマーケティング素材、とりわけビジネスのロゴに反映される必要があります。堅実なマーケティング会社なら、巨大投資家の信用を得ようとしているファイナンシャル・アドバイザーを雇うよりも、様々な色を利用することの方を重視します。

2.競合他社の様々なロゴをリサーチします。競合他社のものとは違うカラースキームを使うべきです。ただし、他社が淡い色を使っているのに鮮やかな色を選ぶ必要はありません。こうしたリサーチはベストな選択をするために役立ちます。

3.ロゴの中から目立つ要素を取り出してください。例えば、ビジネスと関連付けることのできる最初の一文字やイメージ・デザインの一部などです。覚えやすいキャッチーな名前も選択肢の一つです。

4.ロゴの中の目立つ要素には、暖色系の鮮やかな色を選びましょう。例えば赤は強烈な色で、会社名やその他の重要なデザイン要素に適しています。オレンジは赤ほど強烈ではありませんが、人々の目を惹きつけるには十分鮮やかな色です。

5.権威を示すためには、青色を使用するべきです。面白いデザイン要素がなく、鮮やかな色が使用されていなければ、そのロゴは退屈な感じがします。青はオレンジや赤と合いますが、濃い青と白を組み合わせたロゴは効果的です。

6.健康に関連したビジネスの場合、ロゴに緑色を入れるといいでしょう。緑は心を落ち着かせたり癒したりする効果があります。代替療法、ヘルスケア関連企業、フィットネスクラブといった企業はロゴに緑を使うことで利益を得られるでしょう。

7.顧客のほとんどが女性という会社にとって、紫やピンクといった色は最良の選択肢です。こうした色は、会社が彼女たちの要求を満たしてくれるという印象を与えます。スキンケア製品、化粧品、女性向けフィットネスクラブといった会社に最適です。

Colors

ロゴの色を選ぶ際に大事なこと

色を選ぶ時、心に留めておくべき大事なことがあります。このことは不必要なミスを防いでくれるでしょう。例えば、黄色は鮮やかな色ですが、ビジネスを安っぽく見せる効果があるため、アクセントとしてのみ使うべきだということを知っておく必要があります。逆に、暗い天気を思わせる灰色は、補助色として最適です。白と黒だけがロゴの色全体を支配することのないようにしましょう。

選ばれたロゴの色はビジネスイメージと結びつくだけではなく、顧客が期待するものの雰囲気を作り出します。鮮やかな色は常に創造的な思考、行動、スピードを期待させます。暗めの色は力、信頼、尊敬といったイメージを強化します。例えば、コカコーラ製品と結びついた赤色は、食べ物、若者、力、そして卓越したブランドとしての素晴らしい味のことを想起させます。

結論としては、ロゴにおける色の使用はロゴの実際の形によって影響を受けるとしても、色はまず多くの人の目に飛び込んできます。ベストな色は、その企業が伝えたいメッセージに従って決定されます。青は信頼や伝統といったイメージを持ちたい大企業向きの色です。赤はマリオット・ホテルやコカコーラといったリーダー的ブランドに最適です。緑はビジネスについての正しい物語を語るために重要です。色を選ぶ前にするべきことのうち一番重要なことは、どういうビジネスなのかを明確にすることです。色はそれを顧客に伝えてくれるでしょう。

About v.holiney@logaster.com

No information is provided by the author.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *